· 

第1弾! 新型コロナウィルスの影響による結婚式の延期などの相談セカンドオピニオンサービス開始!

【エッジウエディング】
LINE公式アカウント
友だち追加
↑気に入ったらラインの友達追加して下さい!
結婚式にちなんだお得な情報を定期的に配信してます♪



【一流のお節介】
メルマガ公式アカウント
Benchmark Email

↑気に入ったらメルマガ登録お願いします!
成功して幸せを手に入れる情報を定期的に配信してます♪



Instagram
↑【公式】インスタグラム↑

twitter
↑【公式】ツイッター↑

【はじめに・・・】

 

新型コロナウィルスの影響により結婚式をキャンセルしたり

延期したり、キャンセル料がかかるから延期が出来ないや

延期はしたいけどいつなら安全なの?であったり

これから結婚式を挙げる予定なのにどの日程なら落ち着くのか

分からないなどのご相談に【勿論、無料】で受けつけることを

スタートしました。業界のことがわからないおふたりは

不安しかないと思いますので是非ともご相談くださいませ。

詳しい内容などは直接DM、お電話を頂くか

上記のバナーをクリックして詳細をご覧くださいませ。

 

2020年4月1日

エッジウエディング代表

一流のお節介なウエディングプランナー

岡﨑大蔵

 

 

※補足※

本ブログの内容は全てにおいてのエビデンスを取ってる

訳ではなく弊社としての知識知恵と経験を元に

意見を述べております。

コロナウイルスの終息や緩和を約束してるものではなく

あくまでも弊社の見解です。

 

ただ、一部、法律家にも確認をして述べている分もあります。

セカンドオピニオンをしますが知識と知恵をお貸しして

払わなくてもよいような金銭などを払ったりすることの無い様に

するためのサービスですので代理でキャンセル料を交渉したり

することではないですので参考知識としてご査収ください。

 

ただ、それでも頼らずにモヤモヤするよりは知識と経験が

ある人間に聞いたほうが宜しいとは思います。


 

 

日本だけではなく、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス。

イベントやコンサートが中止、小・中・高等学校が一斉休校になる中

やはり気になるのがこの時期に”結婚式を行ってもいいのか”ということではないでしょうか。

延期するとキャンセル料がかかってしまう……

でもゲストに不安な思いはさせたくない。このような相談が

弊社にもたくさん、連絡がありました。

 

そこで他の新郎新婦様がどのような選択をしてるのか?

どんなパターンがあるのか?

延期だとしてもいつ頃を選べばいいのか?

結婚式場がもしかしたら倒産するかもです。

ワクチンっていつ開発されるのか?

 

 

新郎新婦が悩む、一番知りたいことをお伝えしたいともいます。

 

※補足※

本ブログの内容は全てをのエビデンスがあるものではなく

弊社の知見と見解を記したまでですのでこの内容通りに

話が進んでいくわけでもなければコロナウイルスの終息や

緩和を約束するものでもないです。

 

あくまでもセカンドオピニオンとして知識と知恵を

お貸しして皆様のお役に立てればと思っていますので

キャンセル料を払わなくてよいことを保証したり

代わりに交渉をすることではないことをご理解ください。

 

ただ、相談しないで無駄に金銭を払ったりするよりは

多少でも皆様のお役に立てると思います。

 

【1.どんなパターンがあるのか?】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

まず、国から4月11日時点で7つの都道府県に

緊急事態宣言が出されております。

結婚式場から逆にキャンセルの連絡が来ている

新郎新婦も少なくはないと思います。

今現状では延期の方が殆どです。

では、どんな選択肢を選んでいるのか?

 

・実費だけ払って無期限延期

・通常通りのキャンセル料を請求される

・自分がコロナウィルスに罹患して結婚式保険で対応

・一旦、キャンセル料を払うけどそれは開催するときの内金にする

・次の日程を決めて延期(但し、会場によっては9月まで)

・次の日程を決めて延期(但し、会場によっては年内まで)

 

このような状況だと思います。

 

【2.延期だとしてもいつ頃を選べばいいのか?】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

まず、前段として弊社の事業の中に先端医療の

仕事をしておりまして癌治療や糖尿病治療などの

いわゆる再生医療をお手伝いしておりまして

そこの観点から申し上げます。

(全て弊社のあくまでも主観です)

 

 

年内は厳しいと思います。

早くて来年2月ごろ以降。

夏にウィルスは湿気の関係で低速します。

ですが今回のコロナウィルスは低速して

余裕でいると秋冬にまた、あっという間に

拡大をする驚愕的なウィルス

であることを認識して下さい。

ワクチン開発には12か月から

18か月かかるといわれております。

 

よって、来年のオリンピック辺り

以降が安全かと思います。

 

【3.延期日程の頃に結婚式場が倒産してるかもです】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

新郎新婦に水を差すようなことを言って

申し訳ないですが折角、気に入った会場が

コロナウィルスの影響により倒産して

無くなる可能性が高いかもしれません。

 

まず、結婚式のビジネスというのは

そもそもキャッシュフローが長いです。

例えば2020年12月の結婚式日程を1年前に

決めたとして最初に頂くのは申込金の10万程度です。

そこから2週間前辺りまで1円も発生しません。

つまり持ち出しになるんです。

それなのに結婚式が延期になれば今までの

持ち出しも頂けなくて(頂いたとしても微量)

結婚式代金が入ってこないというのに

家賃や光熱費、人件費は掛かってきます。

あれだけの大きな土地に建物を建てて

上手くいくわけがないです。

 

大手なら何とか1年くらいは持ち応えるかもしれません。

ですが、中小は早いところで5月くらいに

キャッシュアウトして倒産だと思います。

 

企業というのは赤字でも何の問題もないんです。

勘違いしてる方が多いですが黒字であろうと

キャッシュアウトしたら終わりです。

内部留保を使いすぎてお金が無くなれば

それで終了です。

それを示すのが資本金と言えるでしょう。

 

新郎新婦の皆様には契約してる会社の

資本金や事業の展開を見ていただいて

検討をして頂く事をお勧めします。

倒産したら申込金は当然、返金されません。

脅してるのは無くてリアルを伝えております。

実際に弊社の取引先も近い状況にありますので

リアルを伝えております。

 

【4.コロナウィルスって治るの?】

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

前述したように弊社は先端医療の仕事をさせてもらってます。

そこで先日、こんな記事が出ました。

 

http://www.aginganddisease.org/EN/10.14336/AD.2020.0228

 

https://www.prnewswire.com/news-releases/celularity-announces-fda-clearance-of-ind-application-for-cynk-001-in-coronavirus-first-in-cellular-therapy-301034141.html

 

要は治った方がかなり増えてきていると

言うことをお伝えしてる記事です。

効果としてはかなり期待できるということですね。

 

ちなみにBCGワクチンはかなり効果も

高いと言われてますので近隣に扱ってる

クリニックなどあれば是非、聞いてみてください。

 

【5.セカンドオピニオンサービスで何を手伝ってくれるの?】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

私共が今回の件で何をするかをお伝えさせてもらいます。

勘違いしていただきたくないのはコロナウィルス商法でも

何でもありません。

弊社はブランドにあるように「一流のお節介」

これを常に意識して他人の利益を先行するのが

企業方針でもあります。

(詳しくは会社概要)

 

なので、まずは皆様からの相談を受けてその相談事に

最適な方法をお伝えしてあらゆる範囲の人脈を

使ってお手伝いをさせて頂きたいと思います。

 

但し、キャンセル料をどうにかしてほしいという

相談に対して絶対になんとかできる!とか

結婚式場とコロナウィルスの件で揉めてるけど

何とか間に入ってやり取りしてほしいなどの

根本的に弊社が何もできないようなことを

絶対に出来ます!というような事をするのでは

ありません。

 

無知が故に失敗してしまうことを事前に

防いだり今後の未来に対してより良い

役立つ情報を提供したり、相談することによって

未来が開けたりすることもありますので

そういったことをさせてもらいます。

 

おふたりで相談をしていても埒があかないです。

まずは一度、ご連絡くださいませ。

お役にはたてると思います。

 

これからの時代はお節介が最先端のトレンドです。

是非ともご縁があると思った方はご連絡ください。

 

医療も知り尽くしてるウエディングプランナーは

私しか全国でいないのでは?と思っております。

 

▼連絡先

電話:078-777-3030

メール:meddling@eternaledge.wedding

インスタ:@edgewedding

ツイッター:@meddlingplanner

 

それでは本当に皆様、ご自愛ください。

長文、ありがとうございました。