昭和3年創業の老舗レストラン

アラスカ&アラスカフェスティバルタワー

昭和3年8月15日、大阪市北浜、栴檀木橋南詰に産声を上げた「レストラン アラスカ」。

 

西洋料理不毛の地と言われたこの地で、その後料理長に就任した故飯田進三郎と支配人望月豊作により

現在のアラスカの「西洋料理」を確立。京阪神の西洋料理の草分けとしての地位を括弧たるものとする。

 

その後本店を中之島の朝日新聞社ビルに移し、地元の方は勿論の事京阪神の財界人や文化人等、

名士達に愛されて来たのが「レストランアラスカ」の西洋料理です。

アラスカフェスティバルタワーでは、その伝統ある西洋料理を全く新しい解釈で皆様に

プレゼンテーション。アラスカの新たなる伝統、新たなる価値の創造に挑戦します。

 

守るべきものは守りながら、現代的なエッセンスも加えたここだけの味わい。

総料理長に就任した永山 康司が「先代飯田進三郎が生きていたらどんな挑戦をするのか?」をテーマに、

プレゼンテーションいたします。

アラスカ&アラスカフェスティバルタワー ウエディングフォトギャラリー

アラスカ&アラスカフェスティバルタワーで叶える“ふたりらしい結婚式”のご相談はこちら